only on this site our lowest rates
なぜ本を直接
明確な
fam06 4 fam116 fam180 fam122 fam167 fam149

歴史

 

当ファミリーについて

ラッファエレとジュゼッペ・サルマーゾは1951年にヴェネツィアに移り住み、家族から離れた場所で何年もの間苦労を重ね、今日に続く伝統の礎を築きました。数年の後彼らはそれぞれトスカとサヴィーナを妻として迎え、小さな“オンブラ・エ・チケッティ”と呼ばれる居酒屋を今やヴェネツィア住民だけでなく旅行者にも有名な“リストランテ・ダ・ラッファエレ”に改装しました。ヴェネツィアは彼らの第二の故郷となったのです。彼らのもてなしと食事に関するサービスへの情熱は、彼らの子供たちレナート、ジョヴァンナ、ステファニア、アンドレアへ受け継がれ、今日でもサルマーゾ・ファミリーは責任者として第一線でホテルの運営を行っています。“ホテル・アラ”はヴェネツィアのまさに中心地にあり、“ペンシオーネ・アカデミア”は魅力的で素敵な雰囲気、有名な“リストランテ・ダ・ラッファエレ”は典型的な運河に面したロマンティックなテラス、とそれぞれすばらしい特徴を持っています。

 

ヴェネツィアでの滞在にサルマーゾ・ファミリーを選ぶ理由は?

私共はお客様がバカンスでリラックスしご満足いただけるよう、あらゆるご要望へのお応えと選択肢をご提供いたします。お客様はご要望に応じて私共のホテルの中から“快適さ”をお選びいただき、滞在中はあらゆる状況で必要に応じた対応をお客様のお側でさせていただく、これがサルマーゾ・ファミリーが数十年に及んで第一線で行ってきたことです。そして、より完全な自由とご希望時のみのスタッフサポートをご要望のお客様には、私共の滞在型アパートメントや完全に独立した客室もご用意いたしております。

そしてヴェネツィアのさまざまな典型的郷土料理を暖かな雰囲気の中でたくさんのお勧めワインとともに味わう、こんな素敵なことがほかにあるでしょうか。 さらに夜には、その名前さえもミステリーと歴史の融合に包まれたアメリカンバー“タルノウスカ”にてすばらしい飲み物でリフレッシュする、 
これらすべてを提供できるのがサルマーゾ・ファミリーなのです。

croppedimage13390-maurogonato
croppedimage13390-storia01
croppedimage13390-storia02
croppedimage13390-storia03
fam06 2
fam116
fam180
fam122
fam167
fam149